ポコネコ通信ポコ家のネコさん『だいふく』と『こねじ』のギャラリーです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
先週のことなんですが。
ポコダンナが釣りに行き、少しばかりお魚を釣ってかえってきました。
で、さっそく晩ご飯にカレイの刺身だの唐揚げだのを食べていたところ、お魚大好き♪のだいふくが、しっかりポコダンナの足下で待機していました。

dai-fish1.jpg

「なんだよ~、こっち見るなよ、気が散るだろ~」
dai-fish2.jpg

「あっ、さかなだ」
dai-fish3.jpg

「うりゃ~!!」

昨年秋に10才になり、動作も緩慢になってきましたが、いまだネコパンチはおとろえず。
まあ、こんだけ魚に執着できるなら、まだまだ安心かな。
にほんブログ村 猫ブログへ
スポンサーサイト
これまた久々に子猫時代のだいふくをUP。
今から9年前、ちょうど生後6ヶ月ぐらいの時の写真。
daihuku16.jpg

だいぶオトナの顔になってきましたね~(いつまでを子猫って言うんだろう?)
顔に茶色の模様がはっきりでてきました。
だいふくの目は水色なので、カメラで撮るとど~しても赤くなってしまう(当時デジカメなんてなかったし、持ってたカメラも赤目防止機能なんてなかった)

で、同じ頃の写真をもう1枚。
daihuku17.jpg

ポコダンナが余市の外防で釣ってきた巨大カレイ(たしか48cm強だった)と一緒にパチッ。
今までカレイに気をとられてたけど、よく見るとだいふくの??な体型がちょっと気になる(苦笑)
しかし巨大カレイよりはまだ小さかったのね~
このころは。

にほんブログ村 猫ブログへ

本州ではあちこちで雪景色になっていたのに、ど~ゆ~わけか白さのかけらもなかった札幌の街中ですが、ようやく根雪になりそうな気配です(今年はおそいね)
北国の厳しい冬を過ごすための必需品は、冬コート(フード付きだともっといい)、冬靴、手袋、マフラー、んで、帽子もあるとなおいい。
てなわけで、ポコマンボも手袋やマフラーを出してみる。
まず、手袋。
tebukuro.jpg


穴があいてますね。

さらにマフラー。
mafura.jpg

これは大丈夫そう。ん?
mafura2.jpg

切れてますね。
よくみると傷だらけ。

そう、犯人はこいつ。
daihuku12.jpg


だいふくは子猫の時から毛製品ふぇちで、とくに手袋には目がなかったのよ。
納戸からわざわざ軍手の束を引っ張り出して、部屋中まきちらす、なんてことも。
そして、ポコマンボのセーターも8割方ぼろぼろにされ(お気に入りのセーターもやられた)、落ち込んでいたポコマンボに、
ポコダンナがひとこと
「ちゃんとセーターをしまわなかったアンタが悪い」

・・・・そりゃあそうだけど、今から思えばひどい発言・・・

だいふくのことを、文字どおり「ねこっかわいがり」していたポコダンナだったのです。

にほんブログ村 猫ブログへ
ストーブの暖かさが身にしみる季節になってきました。
だいふくはストーブをつけると必ず↓みたいに、点火するまで待ってます。

daihuku8.jpg

そんなにくっついてたら、ヒゲがこげちゃうよ(笑)

そういえば、9年前の今ごろ、子猫(だいふく)を飼わないか、と友人にもちかけられたんですが、当時はその前に飼ってたネコを病気でなくしたばかりでそんな気が起こらず、実は一度断ったのでした。
その後、再び「まだ飼い主をさがしてるんだけど」と言われ、結局我が家に来ることになったんですけどね。

だいふくは子猫の頃「ポコダンナっこ」でした。
なんでかっていうと、悪いことをしても怒らないから(^_^;
結局、だいふくを叱る役はポコマンボになってしまい、「だいふく」にしてみると甘やかしてくれるポコダンナの方がよかったみたいで、いつもポコダンナにくっついてました(なんか人間界でも似たような話を聞きますが・・・叱らないお父さんと叱ってばっかのお母さんとか・・・)。

daihuku9.jpg

写真はだいふくが家に来て2ヶ月ぐらいのときのもの。
ポコダンナが若いよ・・・(しかも冬ソナのサンヒョクに似てるよ)

そんなわけ?で、今でもだいふくは絶対にポコダンナにはツメをたてたりしません。
なんか不公平だよなあ・・・


今朝、だいふくのヒゲ(写真)が床に落ちてるのを見つけました。
daihuku6.jpg

だいふくのヒゲはよく落ちていて、しょっちゅう拾ってる気がするので、
「ネコってけっこうヒゲが生えかわるもんなんだなあ」と思ってたんですが。
ネコを飼ってる友人?知人?後輩?だったかなあ・・・
「ネコってヒゲが落ちるよね?」って聞いてみたら、「えっ?そんなの見たことないですよ」と言われてしまいました。

ヒゲを落とすのって「だいふく」だけなんだろうか?
でも「だいふく」の顔に付いてるヒゲはとくに減ってる様子もないし。
けっこう不思議です。

そうそう、今日半年ぶりぐらいに友人にばったり会いました。
彼女に「だいふくがだいふく(もち)を食べてる夢をみましたよ。だから「だいふく」なんだって夢の中で納得しました」と言われてしまいました(笑)
そういわれてもしかたないよなあと笑ってしまいました。

ほんとは、子猫のだいふくは白くてフワフワだったので、白くてフワフワ→「雪見だいふく」みたい→男の子だから「雪見」はやめて「だいふく」にしよう・・・ということだったんだけどね。
koneji02.jpg


SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。