ポコネコ通信ポコ家のネコさん『だいふく』と『こねじ』のギャラリーです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
いや~毎日寒いですねっ。
まだ冬の初めなんですけどね。

今日、久々にネコさん達がシンクロナイズド・ニャンミングをやってました。
daikone6.jpg

なぜ?わざわざくっついてるんでしょうか?(笑)
こうやって仲良くくっついてるかと思えば、場所を取り合ってケンカしてたり。
ネコの世界はよ~わかりません。

で、関係ないけど、昼に2時間ばかし庭仕事をして家の中に入ってみたら、
こねじにこんなふうに出迎えられました(^_^;
koneji06.jpg

こら~!!女の子がそんなかっこうするんじゃない!!
もっとも、ポコマンボも子供の頃「お行儀が悪い」ってよく怒られましたけどね。
やっぱ血は争えない?(苦笑)

スポンサーサイト
前回、だいふくが「ポコダンナっこ」だという話をしましたが、こねじの場合はどうなのか?
こねじは、どっちかっていうと「ポコマンボっこ」なんです。
どうしてそうなったのかはよくわからないけれど、こねじにとってポコダンナは遊んでくれる人、ポコマンボは甘える人、となってるようで、
ポコダンナに遊んでもらって、疲れたらポコマンボの膝でゴロゴロ。
寒くなったらポコマンボの膝でゴロゴロ。
さみしくなったらポコマンボの膝でゴロゴロ。

結局ポコダンナの膝にのるのは、朝、ポコダンナがゴハンを食べてるときだけ(だってヨーグルトとかこっそりもらえるもん(^_^;)。
で、あまりゴロゴロしてもらえないポコダンナがこねじをつかまえて抱っこすると、

koneji04.jpg

「くんくん・・・なんかニオイがついちゃったわ。」

koneji05.jpg

「あ~あ、これじゃあ毛並みもだいなしよ~」

ものすごい勢いで毛繕いを始めてしまうので、さすがのポコダンナも大ショック。
年頃の娘に「お父さん、くさい」と言われてショックを受けるお父さんのような心境になってしまうようです・・・
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。