ポコネコ通信ポコ家のネコさん『だいふく』と『こねじ』のギャラリーです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
前回、だいふくが「ポコダンナっこ」だという話をしましたが、こねじの場合はどうなのか?
こねじは、どっちかっていうと「ポコマンボっこ」なんです。
どうしてそうなったのかはよくわからないけれど、こねじにとってポコダンナは遊んでくれる人、ポコマンボは甘える人、となってるようで、
ポコダンナに遊んでもらって、疲れたらポコマンボの膝でゴロゴロ。
寒くなったらポコマンボの膝でゴロゴロ。
さみしくなったらポコマンボの膝でゴロゴロ。

結局ポコダンナの膝にのるのは、朝、ポコダンナがゴハンを食べてるときだけ(だってヨーグルトとかこっそりもらえるもん(^_^;)。
で、あまりゴロゴロしてもらえないポコダンナがこねじをつかまえて抱っこすると、

koneji04.jpg

「くんくん・・・なんかニオイがついちゃったわ。」

koneji05.jpg

「あ~あ、これじゃあ毛並みもだいなしよ~」

ものすごい勢いで毛繕いを始めてしまうので、さすがのポコダンナも大ショック。
年頃の娘に「お父さん、くさい」と言われてショックを受けるお父さんのような心境になってしまうようです・・・
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。